カテゴリー別アーカイブ: 日々雑感

大晦日

Pocket

今年も多くの患者さんや飼い主さんに支えられ、無事に年末を迎えることができました。
病院スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

私達『おだわら動物病院』は、動物医療を通じて地域社会に貢献できることを最大の使命と考え、人と動物が共に幸せな時間を過ごすことができるように少しでもお役に立てればと思っています。

動物のことで何かご心配やお困りのことがございましたら、どうぞいつでも遠慮なくご相談下さい。
来年も本年同様、末永くどうぞよろしくお願い申し上げます。

Merry Chirstmas !!

Pocket

皆さんは、クリスマスをどのように過ごされていますか?

欧米ではクリスマスは家族や親戚と賑やかに過ごすのが一般的なようですが、日本ではカップルや夫婦水入らずで過ごされる方が多いようです。

キリスト生誕の日は12月25日とされていますが、実はキリストの誕生日は諸説あり、実際には不明であるという話はご存知でしょうか。
12月ですらないという説もあり、これに困ったローマ法王庁がローマの太陽神崇拝の祝日に合わせて12月25日としたと言われています。

また、生年も当時の暦がまちまちであったため、実は紀元前から紀元後の数年間の間であったと推定されているそうです。

起源はどうあれ、クリスマスを皆で楽しく過ごすことができれば、それが一番だと思います \(^_^)/

クリスマス・イブ

Pocket

皆さんは、「イブ」の意味をご存知ですか?
イブは eve = evening つまり晩(夜)、クリスマスの夜という意味です。

旧ユダヤの暦では、日付が変わるのが午前0時ではなく日没とした考え方が主流だったそうです。
したがって、24日は本当は前夜祭ではなく「クリスマスの晩」という意味なのだそうです。

クリスマス(Christmas)の語源は諸説ありますが、キリストとミサ(礼拝)を合わせ、キリスト(Christ)+ミサ(mass)つまりクリスマス(Christmas)となったという説が有力なようです。

筋胃(砂嚢)

Pocket

ハトが地面を啄んでいるところをよく見かけることがあると思いますが、何も食べる物がないはずなのになぜハトが地面を啄んでいるのか、ご存知ですか?

実は、地面に小さな虫や食べ物のカスなどが落ちていることもありますが、あれは砂利や小石を食べているのです。

なぜハトが砂利や小石を食べるのかと言うと、鳥類は犬や猫のように歯で食べ物を咀嚼することができないため、通常の胃とは別に「 筋胃(砂嚢)」と呼ばれる筋肉質の硬い胃をもっていて、その中で食べた物と小石を混ぜ合わせることで擦りつぶし消化させやすくしているのです。

ハトはただ地面に落ちている食べ物を啄んでいるわけではなく、消化させるために必要な小石を合わせて飲み込んでいるわけです。面白いですね。

動物と言葉

Pocket

先日ある飼い主さんが、うちの子は「病院」や「先生」と聞くとその言葉を理解して家の中を逃げ回る、と仰っていました。

動物はある程度まで人の言葉を理解しているということは、日頃から動物と接していると実感することが少なくありません。

また会話まで理解できなくても、特定の言葉やキーワードは覚えているという子もいるようです。

ある実験で、犬は言葉だけではなく感情まで理解していることが証明されたそうです。

その方法は、トレーナーが犬に言葉とイントネーションを組み合わせて発言し、その時の脳がどのように活動しているのかを調べたところ、犬が言葉とイントネーションを区別して理解していることが判明したとのことです。

つまりこれは、自宅でワンちゃんを褒めたり叱ったりする時に、感情がこもっていないと犬にはすぐに見抜かれてしまうということです。
動物に話しかける時には、心を込めて話しかけてあげるようにしてあげて下さいね。

3R・4R

Pocket

皆さんは、「3R」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「3R」とは、リデュース(reduce:ゴミの減量)、リユース(Reuse:ゴミの再利用)、リサイクル(Recycle:ゴミの再資源化)のことを言います。

近年は世界的に地球環境を考えるようになってきたのでこの言葉もだいぶ浸透してきたようですが、最近、この3Rにリフューズ(Refuse:ゴミになる物を断る)が加わり「4R」とも言われるようになってきました。

ゴミになる物は初めから使用しないようにする運動で、スーパーに買い物に行く際に自分で袋を持参して、レジ袋を使わない活動などがこれにあたります。

当院でも、継続的に内服するお薬を薬ケースで処方させていただいている患者さんは、薬ケースを持参していただけると僅かながらですが4Rに貢献できると思います。

冬到来

Pocket

朝夕の散歩をしていると、病院前の国道1号線沿いに植えられている銀杏はすっかり葉を落とし、頬にあたる風もかなり冷たくなってきたのを実感します。

今年は夏は暑く冬は寒く、季節が例年になく思い切り感じられて嬉しいような困るような、11月に雪も降ったのでこれからどうなることやら...少なからず心配になります。

雪が降ると箱根の山もすぐに雪景色となり、車はチェーンがないと走行できなくなってしまいます。

今年の秋はアッという間に過ぎ去ったように感じますが、しっかりと準備をして、これから本格的な冬をうんと楽しみたいと思います。

1215