カテゴリー別アーカイブ: 名言格言

Present

Pocket

一年の大切さを知るには、落第した学生に聞くと良いでしょう。
1ヶ月の大切さを知るには、未熟児を生んだ母親に聞くと良いでしょう。
1時間の大切さを知るには、待ち合わせをしている恋人に聞くと良いでしょう。
1分の大切さを知るには、電車に乗り遅れた人に聞くと良いでしょう。
1秒の大切さを知るには、たった今、事故を避けることが出来た人に聞くと良いでしょう。
10分の1秒の大切さを知るには、オリンピックで銀メダルで終わった人に聞くと良いでしょう。

だから... あなたの一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を大切な誰かと過しているのなら、十分に大事にして楽しみましょう。
その人は、あなたの大切な時間を使うのに相応しい人でしょうから。

そして、時間は誰も待ってくれないと言うことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまったものです。
明日は、まだ分からないものです。
今日は、皆に平等に与えられるものです。

だから、英語では「今」を “present” と呼びます。

DSCN2012

升田幸三

Pocket

升田幸三は日本の長い将棋史の中でも異色の棋士であり、その独創的な指し手や数々の逸話は、棋界の歴史を語る上では欠かすことができない人物である。

常に「魅せる将棋」を大切にし、既成の定跡に捉われない「新手一生」をモットーにした独特な棋風は、常に序盤でイノベーションを数多く起こした。
そんな異端児の氏が語った言葉を、幾つか紹介します。

『 大切なのは創造です。
  人真似を脱して新しいものを作り出すところに進歩が生まれる。』

『 一人前になるには、50年はかかるんだ。
  功を焦るな。 悲観するな。
  もっと根を深く張るんだ。 根を深く張れ。』

どんな権威に対しても臆することなく立ち向かって行った、升田幸三氏ならではの言葉だと思います。
「名人に香を引いて勝つ」という言葉は、彼を紹介する話としてあまりにも有名です。

0228

ネルソン・マンデラ

Pocket

史上最悪の政策「アパルトヘイト」に立ち向かい、27年にも及ぶ獄中生活を余儀なくされながら、最終的にはノーベル平和賞を受賞し南アフリカの大統領にまでなった、ネルソン・マンデラ氏の言葉です。

『 楽観的であるということは、
  顔を常に太陽へ向け、
  足を常に前へ踏み出すことである。』

あれだけの苦難に遭いながらも、挫けることなく常に困難に立ち向かった人だからこそ言える、重みのある言葉だと思います。

2017

松岡修造

Pocket

松岡修造は日本人男子として62年ぶりにグランドスラム大会でベスト8まで進出した、日本を代表するプロテニスプレーヤーのひとりです。

引退後はジュニア選手の指導や後進の育成に尽力し、現在世界ランク第5位の錦織圭選手の指導者としても知られています。

『 勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。
  大事なことは、本気だったかどうかだ!』

結果を恐れず目の前のチャレンジに精一杯ぶつかる姿勢、それこそが何よりも大切なのだと、彼は常々教えているそうです。

0214

瀬戸内寂聴

Pocket

瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)は異色の小説家で、1973年に出家して天台宗の尼僧となった人物です。旧名は瀬戸内晴美(せとうち はるみ)として執筆活動に励み、自由奔放に波乱万丈の人生を生きた女性として知られています。

これまでの著作で多くの文学賞を受賞し、1997年に文化功労者、2006年に文化勲章、現在は天台寺の名誉住職として様々な講演活動を行っています。

『 人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。
  不幸が続けば不安になり、気が弱くなるのです。
  でも、そこで運命に負けず勇気を出して、
  不運や不幸に立ち向かって欲しいのです。』

どんな困難に遭遇しても、明けない夜はない、冬の後には必ず春が訪れる、という心構えで常に前を向き、踏ん張ることが大切なのだと説いています。

0707

美輪明宏

Pocket

スピリチュアルな言動で独特の世界観・存在感を示している、タレント美輪明宏さんの言葉です。

『 悩んで落ち込んだ時、必要なのは理性。いらないのは感情。
  原因をクールに分析して、解決方法を見つける習慣を。』

悩みを抱えた人たちを数多救い導いてきた氏の、説得力のある言葉ですね。

0131

矢沢永吉

Pocket

80年代、90年代に一世を風靡した日本を代表するロックシンガー、矢沢永吉の言葉です。

『 最初、サンザンな目に遭う。
  二度目、オトシマエをつける。
  三度目、余裕。
  こういうふうにビッグになっていくしかない。
  それには、サンザンな目にあった時、落ちこんじゃだめだ。』

その昔、スタッフとの金銭トラブルや音楽配信会社との度重なる問題を克服し、様々な苦難を乗り越えてきたからこそ言える言葉なのでしょう。

0124