月別アーカイブ: 2016年10月

ハンドシャイ

Pocket

皆さんは「ハンドシャイ」という言葉をご存知でしょうか?

ワンちゃんの頭を上から触ろうとした時に、手をサッと避けたり頭を下げて怯える子がいますが、この行動をハンドシャイと言います。

このようなワンちゃんは身の危険を感じていて、何かされるかもしれない、人の手は怖い、などマイナスのイメージをもっているため、身構えてしまい手を避ける行動を取るのです。

普段から触られる事に慣れている子や人の手が怖くないと分かっている子は、このような反応をすることなく、リラックスして撫でられるのを受け入れることができます。

原因は過去にした嫌な経験や犬の社会化不足からくるものですので、多くの人と触れ合い少しずつ馴化していくことで改善することができます。

このような子にはまず人の手は怖くない、撫でてもらえるのは愛情表現だと、理解させてあげることが大切です。

1031 (出典:mofmo)

ストッキネット

Pocket

動物は乳幼児と同じで我慢することはできないため、不妊手術や外科処置をした後に術創を舐めないようにしたり、皮膚病の時に患部を保護する必要がある場合、ストッキネットと呼ばれる腹帯を使用します。

これにより患部を直接舐めることを防いて治癒を促し、不要な感染や化膿してしまうリスクを最小限に抑えることができます。

たまに気にして嫌がる子もいますが、すぐに慣れますし、抜糸するまでの短い期間ですので、傷が治るまでは外さずに着せておいて下さい。

どうしてもダメそうな場合はエリザベスカラーにしたり他の方法を考慮しますので、病院までご相談いただければと思います。

DSCN1357

マイクロチップ

Pocket

皆さんは、マイクロチップと呼ばれる動物識別用のICチップをご存知でしょうか。

これは動物の個体識別用の製品ですが、非常に小さく、世界共通規格のため一度処置をしてあげれば、動物がどこへ行っても必ず飼い主さんを特定することができます。

処置の方法は非常に簡単で、動物の皮下に専用の注射器で挿入してあげるだけなので、麻酔も不要で痛みもほとんどありません。

事故や災害の場合は言うまでもなく、逃亡や失踪、迷子や誰かに連れて行かれた場合でも、専用のリーダーでスキャンすることにより、すぐに飼い主さんが誰なのかが分かります。

処置は予約なしでいつでも簡単にすることができますので、ご希望の方はいつでもご来院下さい。

1029

避難準備

Pocket

最近、全国各地で様々な災害が多発し、連日のように災害関連のニュースが報道されています。
皆さんは、災害に備えてワンちゃんやネコちゃん達の準備を何かされていますか?

まず一番大切なことは、その子の飼い主さんが誰なのかを分かるようにしおくことです。

狂犬病の鑑札や注射済票をワンちゃんの首輪に付けたり、首輪に住所や電話番号などを書いておくのも良いと思います。
また、マイクロチップと呼ばれる米粒程度の大きさの認識装置を皮下に入れておいてあげることも、とても有効です。

次に大切なことは、毎年きちんと予防接種やノミ・ダニなどの対策をしておくこと、また日頃からしつけをしておくことです。

避難所へ入ることになったような時は、周りに沢山の人や動物がいるので、そのような環境でも落ち着いて過ごせるようなしつけはしておいた方が良いでしょう。

0912

寒くなってきたら...

Pocket

猫はもともと暑い砂漠で生活していた動物なので、水をあまり飲まず、尿は比較的少量の濃い尿をする傾向があります。

猫の下部尿路疾患と呼ばれる病気は、秋から冬にかけて比較的発症率が高くなる、猫ではとてもよくみられる病気です。
したがって、猫を飼育されている場合は特に、寒い季節の水分摂取には気をつけてあげる必要があります。

猫があまり水を飲まない時はドライフードではなく、缶詰やパウチなどのウェットタイプのフードを与えてあげるのも良いと思います。
ウェットフードはドライフードに比べて水分の含有量が多いので、ドライフードだけ与えるよりは、水分を多く摂取することができます。

もちろん飲みたくなった時にはいつでも飲めるように、お水は器に入れて常に置いておき、中の水は1日何回か取り替えてあげることも大切です。

0618

ハロウィン

Pocket

もうすぐハロウィンですね。

日本ではあまり関心のないイベントだと思っていたら、最近では企業の広告戦略も手伝ってか毎年恒例の一大イベントになってきているようです。

巷では9月頃からハロウィンムードで盛り上がっていますが、秋にお祝いする他の行事としては、お月見や収穫祭など、日本独特のものがあることも忘れてはいけません。

日本古来の行事と欧米文化を真似したお祭り騒ぎを一緒にしてはいけませんが、それぞれの良いところを楽しめれば良いのかも知れません。

年代を超え、時代を超えて、それぞれの季節に合ったまた日本人の文化や生活習慣に馴染んだイベントになっていけば良いですね。

1030

金木犀(キンモクセイ)

Pocket

ワンちゃんと散歩をしていると、どこからかキンモクセイの甘い良い香りが漂ってきます。
お散歩で通る道すがらに何ヵ所かそういう場所があり、そこを通る度にとても良い気分になります。

キンモクセイは秋の9月から10月頃が開花時期だそうで、観賞用だけではなく食用としても使われることがあるそうです。

中国では花びらを白ワインに漬けてお酒にしたり、砂糖漬けにしてジャムにしたりすることもあるそうで、古くから利用されていました。
花の香りがとても強いことから、日本でも昔の人がトイレの芳香剤としてよく利用していたそうです。

キンモクセイの香りを嗅ぐと、いよいよ秋本番という感じがして少しワクワクしますね。

1025