月別アーカイブ: 2017年2月

フードの選び方

Pocket

飼い主さんから動物に与えるフードの選び方を尋ねられることはとても多いのですが、絶対にこれが良いとか、このフードでなければならない、ということは基本的にありません。

強いて言えば、一つのメーカーの一つの種類にだけ限定するのではなく、バランスのとれたフードを何種類か交互に与えてあげた方が良いと思います。

また、人の食べ物や加工食品、お菓子、動物用のおやつなどは、あまり習慣的には与えない方が良いでしょう。

キシリトール

Pocket

最近では、歯みがき粉やガムなどに広く使用されているキシリトールですが、実はワンちゃんやネコちゃんには、与えてはいけない食べ物の一つです。

キシリトールを多量に摂取するとインスリンの過剰分泌を引き起こし、血糖値の急激な低下による低血糖を起こしたり、嘔吐、歩行困難、内出血、肝酵素の活性化により肝機能障害などを起こす危険性があります。

中型のワンちゃんに2~3枚のキシリトールガムを与えて重篤な中毒症状が発現したという報告もあり、目を離した隙にうっかり食べてしまったりすると大変危険です。

人用の歯みがき粉にもキシリトールがよく含まれているため、人用の歯みがき粉を使ってワンちゃんやネコちゃんの歯を磨くのもあまりよくありません。
動物の歯をみがく時には、動物用の歯みがき粉を使用するようにお願いします。

ブドウ&レーズン

Pocket

どのご家庭でもよく食べられるブドウや、お菓子にもよく使われるレーズンなどですが、これらはワンちゃんやネコちゃんに与えてはいけない食べ物の一つです。

ブドウのどの成分が動物にとって毒性があるのかがまだはっきりと解明はされていませんが、ブドウを食べて中毒の症状を起こした場合、発症が急で重篤になる可能性もあります。

ブドウやレーズンを食べてしまった場合、その2~3時間後から嘔吐や下痢、腹痛などの症状が現れ、症状が重い場合はむくみや尿が出なくなるといった症状が出て、数日後には腎不全を起こしてしまったという例も報告されています。

ブドウやレーズンなどは小さく簡単に口に入ってしまうため、体の小さなワンちゃんやネコちゃんでも、簡単に食べられてしまいます。
ちょっと目を離した隙に口に入れてしまうことのないよう、ブドウの美味しい季節にはしっかりと管理をしてあげて下さいね。