奇蹄類・偶蹄類

Pocket

草食動物には蹄をもった有蹄類という種類があり、その中に奇蹄類と有蹄類という分類があります。
奇蹄類には馬・サイ・獏など、偶蹄類には牛、豚、猪、鹿などが分類されています。

奇蹄類は速く走るように進化していく過程で指を少しずつ減らしていき、偶蹄類は種類が多く現在、分類学的に再議論がなされているようです。

奇蹄類は、食べた植物を消化するため盲腸で腸内細菌に発酵を行わせています。
偶蹄類は複数の胃を持ち、その中で発酵を行っています。この構造は複胃と呼ばれ、胃の手前にある食道部分が袋状になり新たな胃を形成したものです。

馬は胃を1つしか持っていませんが、牛は胃を4つ持っていて、胃の中である程度発酵させた食物を口の中に戻し、再度噛むことにより撹拌し、また飲み込んで再び発酵させるという「反芻」を行っています。

偶蹄類は奇蹄類よりも科・種共に多数となっていますが、その要因は走る能力よりも反芻類が編み出した特別な消化方法にあると言えます。

a004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA