麻酔について

Pocket

手術や処置で麻酔が必要になった場合のリスクについて、飼い主さんからご質問を受けることがあります。

動物の医療も人と同じように年々その技術や薬物は進歩しており、現在の動物医療で使用される麻酔は、ほとんどがガスによる吸入麻酔が使用されていてとても安全です。

もちろん、生命を扱う以上100%絶対ということは言えませんが、健康な動物が麻酔の事故等で亡くなってしまう確率は、おそらく飛行機事故に遭う確率よりも低いのではないかと思います。

もちろん、病気の子に麻酔をかける場合には事前に十分な検査を行ってから施術しますが、それでも完全にリスクがゼロになることはありません。

もし手術や処置のために麻酔が必要になった場合には、疑問や不安があれば納得がいくまで十分に説明を求めていただいて構いません。
我々はきちんとそれに答える義務と責任がありますので、どうぞ遠慮なく何でも聞いていただければと思います。

1130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA