動物と言葉

Pocket

先日ある飼い主さんが、うちの子は「病院」や「先生」と聞くとその言葉を理解して家の中を逃げ回る、と仰っていました。

動物はある程度まで人の言葉を理解しているということは、日頃から動物と接していると実感することが少なくありません。

また会話まで理解できなくても、特定の言葉やキーワードは覚えているという子もいるようです。

ある実験で、犬は言葉だけではなく感情まで理解していることが証明されたそうです。

その方法は、トレーナーが犬に言葉とイントネーションを組み合わせて発言し、その時の脳がどのように活動しているのかを調べたところ、犬が言葉とイントネーションを区別して理解していることが判明したとのことです。

つまりこれは、自宅でワンちゃんを褒めたり叱ったりする時に、感情がこもっていないと犬にはすぐに見抜かれてしまうということです。
動物に話しかける時には、心を込めて話しかけてあげるようにしてあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA