チョコレート

Pocket

ご家庭に一般的にあるお菓子の中にチョコレートやココアなどがあると思いますが、これらカカオを原料とした食べ物をワンちゃんやネコちゃんに与えると、中毒を起こす可能性があるので注意が必要です。

カカオの香り成分の一つであるデオブロミンは中枢神経を刺激し、大量に摂取すると不整脈や興奮、けいれん、発作、嘔吐などを引き起こす可能性があります。

カカオの含有量が高いほどその危険性も高くなり、最近話題となっているカカオ含有量の多いチョコレートなどは、中毒を起こす可能性があります。

小型犬の場合を例にとると、ビターチョコレートの板チョコを1枚食べると、命に関わる中毒を引き起こす可能性があります。

何気なく机の上に置いてしまいがちな一般的なお菓子ですが、ワンちゃんやネコちゃんの手の届くところに置いておくことがないように、注意をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA