ブドウ&レーズン

Pocket

どのご家庭でもよく食べられるブドウや、お菓子にもよく使われるレーズンなどですが、これらはワンちゃんやネコちゃんに与えてはいけない食べ物の一つです。

ブドウのどの成分が動物にとって毒性があるのかがまだはっきりと解明はされていませんが、ブドウを食べて中毒の症状を起こした場合、発症が急で重篤になる可能性もあります。

ブドウやレーズンを食べてしまった場合、その2~3時間後から嘔吐や下痢、腹痛などの症状が現れ、症状が重い場合はむくみや尿が出なくなるといった症状が出て、数日後には腎不全を起こしてしまったという例も報告されています。

ブドウやレーズンなどは小さく簡単に口に入ってしまうため、体の小さなワンちゃんやネコちゃんでも、簡単に食べられてしまいます。
ちょっと目を離した隙に口に入れてしまうことのないよう、ブドウの美味しい季節にはしっかりと管理をしてあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA