整形外科

2022.06.20整形外科総論

整形外科は運動器の障害を治療します。運動器とは骨や関節、筋肉、神経、靭帯、腱などから構成されています。

先天的また後天的に損傷を受けることにより、橈尺骨骨折、大腿骨骨折、股関節脱臼

膝蓋骨脱臼、肘関節脱臼、椎間板ヘルニア、前十字靭帯断裂等様々な症状を呈します。

 

整形外科の検査

 

問診

症状が出る前の、動物の状況(落下、運動等)や年齢、品種を問診します。

視診、触診

跛行がある場合、視診により患肢を同定したり、疼痛、関節の動き、可動域を確認します。

レントゲン検査

骨折、脱臼の有無や状態を確認できます。

超音波検査

関節内側の状態の確認に使用します。

CT検査、MRI検査

レントゲン検査では描出できない病変の確認に用います。

整形外科 の他の投稿

関連記事はありませんでした。

ネット予約

電話予約|TEL:0465-24-8555