カテゴリー別アーカイブ: 疾患情報

キシリトール

Pocket

最近では、歯みがき粉やガムなどに広く使用されているキシリトールですが、実はワンちゃんやネコちゃんには、与えてはいけない食べ物の一つです。

キシリトールを多量に摂取するとインスリンの過剰分泌を引き起こし、血糖値の急激な低下による低血糖を起こしたり、嘔吐、歩行困難、内出血、肝酵素の活性化により肝機能障害などを起こす危険性があります。

中型のワンちゃんに2~3枚のキシリトールガムを与えて重篤な中毒症状が発現したという報告もあり、目を離した隙にうっかり食べてしまったりすると大変危険です。

人用の歯みがき粉にもキシリトールがよく含まれているため、人用の歯みがき粉を使ってワンちゃんやネコちゃんの歯を磨くのもあまりよくありません。
動物の歯をみがく時には、動物用の歯みがき粉を使用するようにお願いします。

ブドウ&レーズン

Pocket

どのご家庭でもよく食べられるブドウや、お菓子にもよく使われるレーズンなどですが、これらはワンちゃんやネコちゃんに与えてはいけない食べ物の一つです。

ブドウのどの成分が動物にとって毒性があるのかがまだはっきりと解明はされていませんが、ブドウを食べて中毒の症状を起こした場合、発症が急で重篤になる可能性もあります。

ブドウやレーズンを食べてしまった場合、その2~3時間後から嘔吐や下痢、腹痛などの症状が現れ、症状が重い場合はむくみや尿が出なくなるといった症状が出て、数日後には腎不全を起こしてしまったという例も報告されています。

ブドウやレーズンなどは小さく簡単に口に入ってしまうため、体の小さなワンちゃんやネコちゃんでも、簡単に食べられてしまいます。
ちょっと目を離した隙に口に入れてしまうことのないよう、ブドウの美味しい季節にはしっかりと管理をしてあげて下さいね。

スルメ

Pocket

酒の肴、おつまみとしてご家庭によくあるスルメですが、美味しそうな匂いに惹かれて動物が欲しがって寄って来ても、絶対に食べさせてはいけません。

スルメは胃に入ると水分を含んで膨張するため、その大きさが何倍にも膨れてしまうことがあります。
膨れたスルメは腸を通過することが出来ず、通過障害を起こしたり、胃や食道に詰まってしまい吐くこともできなくなったりするため、与えると危険な食べ物の一つです。

ジャーキーのようなおやつ感覚で与えてしまったり、置いてあった袋から塊で食べてしまったりすると、お腹の中で膨張したスルメが胃腸障害を起こす危険性が少なくありません。

塩分も強いため、動物の身体にもあまり良い影響は及ぼしません。
お家の中でもワンちゃんやネコちゃんが食べてしまいそうな場所には置かず、もし欲しがっても与えないようにご注意をお願いします。

チョコレート

Pocket

ご家庭に一般的にあるお菓子の中にチョコレートやココアなどがあると思いますが、これらカカオを原料とした食べ物をワンちゃんやネコちゃんに与えると、中毒を起こす可能性があるので注意が必要です。

カカオの香り成分の一つであるデオブロミンは中枢神経を刺激し、大量に摂取すると不整脈や興奮、けいれん、発作、嘔吐などを引き起こす可能性があります。

カカオの含有量が高いほどその危険性も高くなり、最近話題となっているカカオ含有量の多いチョコレートなどは、中毒を起こす可能性があります。

小型犬の場合を例にとると、ビターチョコレートの板チョコを1枚食べると、命に関わる中毒を引き起こす可能性があります。

何気なく机の上に置いてしまいがちな一般的なお菓子ですが、ワンちゃんやネコちゃんの手の届くところに置いておくことがないように、注意をお願いします。

アボガド

Pocket

森のバターと呼ばれ、栄養価が高くヘルシーなためブームになっている「アボカド」ですが、実はワンちゃんやネコちゃんには与えてはいけない食べ物の一つです。

最近では、ペットフードにも成分の中にアボカドが入っているものがありますが、アボカドにもいくつか種類があり、毒性の強いペルジンという成分が多く含まれている種類のアボガドは与えてはいけません。

きちんと安全基準を満たして市販されているフードであれば問題はありませんが、日本で一般に売られているアボカドはペルジンの含有量が高いものが多く、フードにも使われているからと安易に与えてしまうのは危険です。

アレルギー反応により中毒症状を起こすためその症状には個体差がありますが、症状としては、胃腸障害、嘔吐、下痢、呼吸困難などが一般的です。

ヘルシーなイメージの食べ物ですが、人間の感覚で安易に与えてしまうと場合によっては中毒症状を起こす可能性がありますので、基本的には与えないように注意をお願いします。

ネギ類

Pocket

ワンちゃんやネコちゃんに食べさせてはいけない物の代表的なものは、玉ネギや長ネギなどのネギ類です。
ネギ類は料理で使われることも多く、そのため誤食~中毒を起こす危険が高い食べ物です。

ネギ類を食べると、成分中に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、動物が食べると溶血性の貧血を起こしてしまいます。食べた量によっては命に関わることもあるので、とても危険です。

ネギ類を煮込んだスープや抽出物にも成分は含まれているため、見た目では入っていることが分からない料理でも注意が必要です。

ネギ類以外にも、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどにも同じ毒性があるため、つまみ食いや拾い食いのクセがある子は、これらを使った料理をする時は近づかないように気をつけてあげて下さい。

多飲・多尿

Pocket

ワンちゃんやネコちゃんが普段よりも明らかに多くの量の水を欲しがり、おしっこの量が普段よりも多くなる症状のことを「多飲・多尿」と言います。

これは一般的に、のどが渇くためにみられる行動なのですが、その原因は様々です。
激しい運動をした後や暑い日などに飲水量が増えるのは人も動物も同じですが、病気で飲水量が多くなる代表的な病気に、腎不全や糖尿病などがあります。

特に平均寿命が延びて高齢の猫や犬が増えてきている現在では、老年性の腎不全などが非常に多くみられるようになってきました。

おうちの子が普段より明らかに大量の水を飲んでいると感じた場合は、元気や食欲があっても、できるだけ早く病院で受診されることをお勧めいたします。

0502